サプリメントとの上手な付き合い方について紹介しているサイト

>

サプリメントを取り入れる上での注意点

過度な期待をしない

サプリメントにも価格帯や種類、メーカーなどでさまざまな違いがあります。
高いものほど良いとは限らないものの、価格が高いものは比較的良い成分の配合率が高いという傾向はあります。
しかしそれでもサプリメントは薬とは違い、栄養補助的な位置付けにあるものであり、薬のような効果を期待して取り入れるものではないことを覚えておきましょう。

そして効果もケースバイケースであり、効果を全く感じられない場合もあれば良い効果が実感できる場合もあります。
必ず著しい効果を期待して取り入れるものではなく、効果を実感するにも時間や個人差がありますし、一定期間の継続も必要であることを覚えておきましょう。
栄養補助やプラスアルファのつもりで取り入れるのが良いですね。

適量摂取を守って取り入れる

サプリメントは薬ではありませんが、薬である一面も持っています。
矛盾していますが、体内に食事以外で何らかの成分を摂り入れるという点においては薬と同じであるという意識も持っておきましょう。
薬のように服用タイミングは厳しくない場合がほとんどですが、栄養素の組み合わせや食事との相性などはあるので、それらを意識しつつ健康効果が欲しいからといって過剰に摂取するようなことはしないようにしましょう。

いくら良いものでも適量以上の摂取は毒になることもありますし、毎日の食事をするわけですから特定の栄養素だけ突出して摂取しても意味が無かったり場合によっては摂り過ぎになってしまうこともあります。
日々の生活の中にバランスよく栄養補助として適切に取り入れましょう。


この記事をシェアする